交渉が有利になる

弁護士がいると交通事故後の交渉が有利になる

交通事故発生後にはさまざまな交渉を重ねていくことになるのが一般的です。
慰謝料を決めるための交渉はもちろんのことですし、交通事故問題を決着させる示談、場合によっては裁判所に出向いての交渉が必要になることもあります。

そうした交渉の中では専門家の技術を借りることで有利に進めることができるのですが、中でも特に有効な専門家となるのが弁護士です。
ではどうして弁護士がいると交通事故の交渉において有利に進められるようになるのかと言うと、まず弁護士には法律的な知識があるからです。

交通事故はほとんどの場合故意ではなかったにしろ、加害者が他人の健康を害する、他人の財産を喪失させるなどの事態になってしまった以上は法律によって処罰が与えられることになります。
その罰則は慰謝料・賠償金にも影響を与えてくるのですが、交渉の主体となる保険会社はほとんどの場合慰謝料・賠償金の額を少なくしようと働きかけることになるのです。

ですが交通事故の被害者からすれば保険会社がどうあろうと最大の慰謝料・賠償金を請求したいと考えるものですから、そこで法律的な知識を持つ弁護士が出てくることで保険会社の主張の問題点をただすことができるようになります。
問題をしっかり解決していけば、本来あるべき額が提示されることになるでしょう。

また弁護士だからこそ有利になるのが、交通事故の解決のために裁判になった際代理人になる権利を有するという部分です。
代理人とは本人の権利を代行する人であり、裁判においては本人に代わって主張を述べたり相手に反論をしていく権利を持つ存在になります。

これは行政書士や司法書士などの専門家には認められていない権利ですから、非常に貴重なものだと言えます。
この権利があることで万が一保険会社のとの交渉がこじれたとしても、自分に有利な形で決着させやすくなるのです。
ですが弁護士を雇ったからと言ってあらゆる要求が通ると言うように勘違いをすることだけはしてはいけません。

弁護士はあくまでも法律的な立場から中立に物事を見定め、本来あるべき結果に導くことが役割です。
過失割合をいきなり10:0にできるわけではありませんし、車が壊れただけで何億円も賠償金をもぎ取ることが出来るわけではありません。

あくまでも交通事故の問題が大きくなった際に解決するのを手伝う、自分にとって有利な条件を引き出すというのが役割ですから、その役割を誤解しないように心がけましょう。