年収を考える

厚木で一戸建てを購入するときには年収を考える

厚木で暮らしたいと思っているのであれば、一戸建てを購入することを考えてみてもいいでしょう。一生その土地に暮らしたいのであれば、早めに一戸建てを建てるようにして、住宅ローンの返済をしていくことを考えたほうが良さそうです。

厚木で一戸建てを購入するときには現金で一括で支払える人はほとんどいませんので、住宅ローンの事もよく考えながら購入を検討してみるようにしましょう。

そこで考えなくてはならないのが、自分にとってどの位の住宅ローンであれば無理なく返済をしていくことが出来るのかという事です。借入金額を増やすことによってあまりにも月々の支払いが多くなってしまうと、家計に大きな負担をかけてしまうことになりますので注意が必要になります。

それではどのくらいであれば、無理なく返済をしていくことが出来るようになるのでしょうか。

その場合には、自分の年収がどのくらいあるのかというのを考えてみなくてはなりません。年収に対しても返済比率が20パーセントくらいであれば、無理なく返済をしていくことが出来るようになるはずです。

そして、何年間で支払っていくかによってもどのくらいのお金であれば借りることが出来るかというのが分かってきます。例えば年収が500万円の人が35年間で住宅ローンを返済しようと思うのであれば、借入金額は2000万円程度にしておいた方がいいという事になります。

しかし2000万円となると、一戸建てを購入するのはなかなか厳しい金額になってしまうかもしれません。ですので、それにプラスして自分が持っている貯金を頭金にあてるようにするといいのです。

頭金があるのであればその分プラスされる形になりますので、理想的な一戸建てを購入することが出来るようになります。

しかし注意しておきたいのが、いくら頭金をたくさん入れておきたいからと言っても、貯金を全て頭金に回してしまうようなことではいけません。
貯金が全くない状態になってしまえば、急な出費などがあった時に大変になります。
ある程度の貯金を残しておくようにしなければ、結局生活に余裕がない状態になってしまうことになるかもしれないのです。
ですので、貯金を残すことも考えながら頭金を用意するようにしましょう。
厚木で一戸建てを購入してもすぐに手放すようなことになってはいけませんので、きちんと返済できるだけの金額を借りるようにし、無理のない一戸建ての購入を考えるようにしなくてはならないのです。”