弁護士と行政書士?

交通事故後の交渉は弁護士と行政書士どちらに任せるべきなのか

交通事故発生後には慰謝料や示談金の交渉などのためにさまざまな話し合いを行っていくことになります。
その際には加害者側の保険会社と交渉を重ねていくということが一般的になるのですが、しかし過去に交通事故で交渉をしたことがある人でも無いと不安を感じてしまうことは多いでしょう。

保険会社がどういった交渉をしてくるのかもわからないことの方が多いですし、そうした中では慰謝料を値切られるのでは、自分に非があったと無理やり認めさせられるのではなどと不安を感じる人もいます。
そうした際には専門家、弁護士や行政書士といった人に任せたくなるものですが、では交通事故の交渉においては弁護士と司法書士どちらに任せた方が良いのかと言うと、これは基本的に弁護士の方が優れていると言うことができます。

これはどうしてかと言うと、まず最も大きいのが弁護士は法律の専門家であり、行政書士は書類作成の専門家であるということです。
だから行政書士の方が劣っているということは無いのですが、専門としている分野が違うのです。
加えて交通事故において重要になるのは相手先との交渉であり、そして場合によっては調停・裁判といったような手法で慰謝料の算定を行っていかなくてはなりません。

そして交渉と言う段階において、行政書士は法的に有効な代理人になる権利が認められていないという問題もあります。
代理人とはその人の権利を一時的に借りうけている人のことであり、弁護士はこれが認められているために裁判の際に本人の代わりに意見を述べたり、相手と交渉することが出来るのです。

また交通事故の交渉と言うことで大きいのが、弁護士は「訴訟を起こす」という一言を交渉の場で使えるということでしょう。
交通事故の慰謝料を巡って裁判が引き起こされるなどのケースはそれなりに見られるのですが、保険会社からすれば裁判は絶対に避けたいものとなります。

裁判の為に企業内の人員を割かれ、費用をねん出するということはなるべく避けたいとして考えるものなのです。
もちろん裁判を起こすと言えば全て主張が通るわけではありませんが、この一言があると無いとでは状況が大きく変わることもあり得るでしょう。

その反面弁護士の費用は高額で、行政書士の方が安く済む可能性が高いなどの違いもあるのですが、交通事故の処理は交渉と法律のエキスパートに任せるのが一番安心できることとなります。
全国各地の法律事務所では交通事故に対しても積極的に対応していますので、必要に応じて相談できる先を見つけるようにしましょう。